通学では防犯面で通知される方法が検討されます

一般家庭において子どもさんを毎日学校に通わせるにはその安全性について気になるものです。 そして成長するに伴って少しずつ行動範囲が広くなって行くものですし、ある程度プライバシーへの配慮がなされることが望ましいと考えることも予測されます。 携帯電話を持たせるという方法もありますが、そんなに頻繁に確認すると通話時間も増え毎月の費用にも関わって来ます。従ってもっと確実で簡単な方法を選択できないかという風に考えるものです。 百均ショップへ行けばひもを引けばブザーのなる器具も販売されていますのでこれを身につけさせるという方法もとることは出来ますが、もし辺鄙な場所に居ればその効果は期待できないことになります。話す方法以外に余り持っていることを意識することなく安全性が確保される方法があればそれが望ましいとも思われます。

どのようなサービス内容が必要とされるのか

通勤や通学においてはほぼ毎日同じ行動パターンがとられることが多いものです。学校へ通っていても学年が大きくなるに従ってクラブ活動や塾に通うといった部分的に非日常的な生活も始まることもあります。そういう際にはJR東日本の鉄道利用者であれば居場所の確認を行えるカードというのがあって防犯としての通知がされますので便利になっています。 まず最寄りの駅の改札を通過する際にカードをかざせばその時点や降車駅ごとにメールで知らせてくれて、さらに帰途においても同じく報告してもらえるので心配とか不安を軽減してくれ、便利なものとなっています。 従って自宅ではその帰宅予想時刻に合わせて食事の用意やその他の準備をすましておくことが出来ます。 料金はチャージ制になっていますのでこの残りのチャージもメールで知らせてくれます。

駅の通過履歴からわかる事柄とは

通学で防犯用のカードを持たせた場合にもしある駅から後の通知が無い場合には、その駅の通過履歴から時間数によっておおよその行動範囲を類推することが出来ます。もし、携帯電話を持たせている場合には状況によっては呼び出しも行え、例えばそれによってゲームセンターでゲームを行ったり図書館へ立ち寄っていたとかの状況がそれで分かることになり、最短時間の心配で済むようにもなります。そして遅くなった理由を早めに掴むことが出来ると不安も軽減します。 子どもをも守るということは余り干渉しすぎても良くなく、かといって放置状態にしておくことも心配が増えるものです。 小学校から中学校へ進むとさらに行動範囲も広くなり、携帯などのスイッチなどを切ったりしているとなかなか連絡が取れなくなることも出て来ます。そういう場合も駅を通過したことだけでも分かればそれなりに対処できることになります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

通学では防犯面で通知される方法が検討されます

一般家庭において子どもさんを毎日学校に通わせるにはその安全性について気になるものです。そして成長するに伴って少しずつ行動範囲が広くなって行くものですし、ある程度プライバシーへの配慮がなされることが望ま...