子どもの通学は危険という意識と防犯グッズをキャンペーンで

小学生が通学途中に犯罪に巻き込まれるケースが増えています。通学路に不審者が待ち伏せており、突然ナイフで切り付けてきたり、首を絞められたり、また誘拐されて性犯罪に巻き込まれたり、最悪のケースでは子どもが騒いだために殺されてしまうことも後を絶ちません。テレビや新聞で報道されないようなケースを含めると、全国で数えきれないほど多くの犯罪がおきています。 弱い立場である子どもを狙った卑劣な犯罪に巻き込まれないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。学校や地域が連携して防犯対策を行う必要があるのと同時に、子どもたちにも危険がたくさんあるということを教えていく必要があります。平和で安全な時代ではないのだということを、親も子どもも、学校も意識することが大切です。

子ども自身が身を守るための基本

子ども自身が学校への行き帰りにおいて、自分たちの身を守るためにすべきことを考えてみましょう。まず、ひとりにならないということが大切です。学校に行くときは、集団で登校しますが、家に帰るときは必ずしも集団というわけではありません。しかし、できる限り友達と一緒に帰るようにすることが自分たちの身を守ることになります。 次に、知らない人には絶対についていかない、あるいは知らない人がクルマから声をかけてきても近づかないなどを、徹底的に教える必要があります。子どもは基本的に大人を疑うことをしません。ここが子どもの素晴らしさでもありますし、人を信じるということは大切なことでもあるのですが、知らない人が近づいてくる場合は注意するように教えなければならない時代なのです。

子どもの身を守るためのグッズを利用しよう

子どもたち自身が自分の身を守るためには、様々なグッズも販売されているので、それを効果的に用いるようにすると良いでしょう。たとえば、多くの子どもたちは学校から防犯ブザーが支給されている場合が多いですが、すぐに手の届くところにつけておかなければなりません。ランドセルの中ではいざというときに間に合いませんので、ショルダーベルトの前面に取り付けると良いでしょう。また、電池切れということがないように定期的にチェックすることも大切です。 また、電車通学をしている場合は、GPSで居所が分かる携帯電話を持たせたり、駅の改札口を通ったときに自動でその旨をメールで送信してくれるサービスを利用するのも手です。入学シーズン前には防犯グッズのキャンペーンを行っているので利用してみると良いでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

通学では防犯面で通知される方法が検討されます

一般家庭において子どもさんを毎日学校に通わせるにはその安全性について気になるものです。そして成長するに伴って少しずつ行動範囲が広くなって行くものですし、ある程度プライバシーへの配慮がなされることが望ま...