通学見守りサービスは安心の防犯対策

小さな子どもを一人で外出させる時は、親としては誘拐にあわないのかすごく心配するものです。特に幼稚園、保育園を卒園して、小学校に通う子どもを送り出す際はとても不安に感じることでしょう。というのも、幼稚園に行く際は毎日、親が子どもを送り迎えできていたのに、小学校入学を機にひとりで学校に通うことになるからです。特に電車で学校に行く場合は、道に迷わないかも不安に感じるものです。昨今では、携帯のメールで気軽にコミュニケーションを取れる時代ですが、小学校では携帯電話が使用禁止であることが少なくありません。
そんな時に便利なのが、子どもの通学の見守りサービスです。このサービスでは、自宅の「最寄り駅」、目的地の「降車駅」など改札を通過した時にメールで知らせてくれます。なので、防犯性も高く、親は安心して子どもを外出させられます。

安心して子どもを見送れると話題のサービスとは

幼稚園を卒園したばかりの子どもを一人きりで通学させるのは、子どものみならず親にも心配がつきまといます。そんな時に防犯にいいサービスだと注目されているのが、見守りサービスです。
これは、通学に交通系ICカードなどを利用している場合、JR東日本の自動改札機を通過した際にあらかじめ登録された保護者に「通過時刻、利用駅・チャージ残額」を知らせてくれるサービスのことです。自分の子どもがきちんと自宅の最寄駅、降車駅の改札を通過したか把握できるので、親の心配や不安を取り除いてくれるというわけです。
さらに、駅の改札を通過した時間から、おおよその帰宅時間を前もって知ることができます。そのため、雨の日のお迎え、子どもが帰宅する前に買い物などの用事を済ませるなど時間を計画的に使うことが可能になります。

サービスを利用するメリットについて

こちらのサービスには、子どもの防犯以外にも多数のメリットがあります。まず、大切な子どもを束縛を感じさせずに、温かく見守ることができることです。そもそも小学校に入学した子どもというのは、親からの束縛を嫌がるものです。たとえば、いつもよりも帰りが遅くなると、親としては「どこに行っていたのか」とついつい怒ってしまいがちです。親からのお叱りの言葉に子どもは束縛されていると感じて、余計に心を閉ざしてしまいがちになります。
その点、こちらのサービスを利用すれば、帰りが遅い時に改札の通過履歴から子どものおおよその居場所を推測できます。そのため、子どもの行動を信頼して、ある程度、距離感を持って見守ることが可能になります。何も分からないとどんどん心配が膨らんで、子どもを問い詰めてしまいがちです。ただサービスを利用すれば、Suicaから届くメッセージによって不安や心配が取り除かれます。

JR東日本のアプリで通知を受けることも可能となっております。 チャージ残額も通知される見守りサービスは、まもレールだけです! ホームページでは、サービスの情報だけでなく、子どもへの声のかけ方など、子育てに関わる情報も配信してます。 まもレールのサービスは、通過時刻、利用駅、チャージ残額をお知らせすることができます。 通学をより安全なものにするための防犯対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

通学では防犯面で通知される方法が検討されます

一般家庭において子どもさんを毎日学校に通わせるにはその安全性について気になるものです。そして成長するに伴って少しずつ行動範囲が広くなって行くものですし、ある程度プライバシーへの配慮がなされることが望ま...